解体工事の流れについて

解体工事の流れ

解体工事の主な流れは以下の通りです。

解体工事のお問合せ

解体工事現場の住所・建物の構造・面積(坪数)を教えてください。

建物構造種別・解体作業環境・近隣環境・搬入搬出ルート確認・解体作業重機車両選定

解体工事にかかる費用・解体方法などをご説明いたします。

建築リサイクル法に基づく届出

※建設リサイクル法とは建物解体により生じた産業廃棄物の分別リサイクル(再資源化) を促進するために定められた法律で解体する建築物の延べ床面先が80㎡を超える場合に は届出が義務付けられています。 リサイクル法の届出は施工様の代行で関係官庁に提出します。
■解体により生じた産業廃棄物のリサイクル(再資源化)
●金属⇒製鉄原料 ●コンクリート⇒砕石・アスファルト
●石膏ボード⇒石膏ボード ●木屑⇒燃料チップ、パーティクルボード
●プラスチック⇒プラスチック再生原料 ●ガラス・陶器⇒陶器再生原料

近隣挨拶

解体工事現場近隣の方々にご挨拶及び解体工事概要・作業工程・緊急連絡先などをご説明いたします。

解体工事着工

マニフェスト伝票とは産業廃棄物の不法投棄を防ぐために、解体工事現場から出た産業廃棄物がどのように適正処理されたか解るもので5年間の保存が義務付けられています。

マニフェスト伝票作成

解体工事期間中は現場の作業環境や状況により万全の対応を行います。

●騒音対策:防音シート・防音パネル養生・低騒音型重機使用

●振動対策:余剰付加をかけない操作・重機低速走行

●防塵対策:水まき・防災シート 

●安全対策:毎日のKY活動・安全帯使用・ガードマン確保

搬出

解体工事により生じた産業廃棄物を分別し最終処分場へ搬出します。

解体工事完了

解体工事完了後の現場確認をして頂きます。リサイクル法の報告書を作成し提出します。

建物滅失登記

家屋取り壊し証明書を添付して最寄の司法書士にお願いして建物滅失登記を行なってください。

ページトップへ

解体工事のご用命は広島県広島市にある正兼組へ
解体工事・家屋解体・引越しゴミ・産業廃棄物処理は正兼組にお任せ

正兼組では一般住宅や小屋・物置など解体・施工いたします。もちろん、ビル解体といった大型物件もOK!騒音や振動・粉塵をできるだけ少なく、倒壊などの心配もない、 安全や環境に配慮した解体工事を実施。住宅用地の整備、解体時の廃棄物処理もご相談ください。お見積・ご相談はもちろん無料!お気軽にお問合せください。

【会社所在地】〒738-0007 広島県廿日市市城内2丁目13番14号 【電話番号】0829-32-7240 【営業時間】9:00~18:00